美容師が働きたくなる美容室とは?

日々美容師を目指して頑張っている美容学校などに通う美容師の卵たち。
彼らが、美容師として働きたいと思うサロンはどんなところなのか、どのような環境を求めているのか。
求人を出したいと思っているオーナーさんたちに言いたいのはこのようなことなのです。

技術を学ぶ、磨ける

美容師の卵たちは、実際にお客さんの髪を切ることは出来ません。
学校に行っている間マネキンや級友どうしで練習をするしか方法がないからなのです。
それは、美容師の免許が国家資格として制定されてから2年の実務経験を必要とするために学校に通っている間が実務経験として認められることになります。
しかし、実際に働き始めないと、初めて出会うお客様の髪をイメージ通りに確実に出来るかと言うとそれはまた違う話なのです。
bgyty
そのために、求人で求めているのはおしゃれでセンスのいい美容師が働いているサロンと言う意見が圧倒的に多いと言えます。
先輩美容師の仕事ぶりをサポートしながら見て勉強することも出来ますし、技術を教えてもらう場所が出来ます。
その時間を経て、学生だった美容師も本職として仕事が出来るようになるのですから、その選び方は真剣なのです。
凄い先輩がいるサロンだけれど、洗髪をする場所から全く先輩の仕事ぶりが見えないサロンなどは洗髪ばかりをしている人にとって何のメリットもありませんよね。
鏡の角度などで工夫してみるといいかもしれません。
さらに、閉店後の勉強会も重要のようです、その勉強会で技術を磨いてプロとしての自信をつけて行くという考えもあるようです。

待遇・保険・休日

個人経営の多い城業種ならではなのかもしれませんが、求人には各種保険完備と書いていったにもかかわらず、入ってみたら全く違った。
などと言うこともあるようです。
実際に個人経営の場合、スタッフも確定申告を個人でしなければならないということもあるようです。
保険も年金も個人で入る必要がある場合も少なくありません。
しかし、独立したのちには結局自分でするのだからあたりまえでしょ?と言うのもうなづける気がします。
サロンのオーナーは、求人を出してもなかなか人が来ないからと言って不利な条件を伏せておくと後々問題になりかねませんので気を付ける必要があるのです。
サロンに対して不信感を与えてしまっては、希望をもって働きに来てくれる美容師の卵が育ってくれません。
信頼関係を重要に考えましょう。
給料や、休日に関しても同じことが言えます。
休日は週休2日と求人には書いてあったのに入ってみたら週休2日どころか1ヶ月に何度かの休みしかないし、休日出勤の手当てもない。
そんなことは当たり前だと言われてしまって言い返せないまま時間だけが経っていく。
昔は、修行のつもりで休みも勉強する、のが当たり前だと思われていたかもしれません。
しかし、時代は変わりました。
休みをきちんととれる職場は職種を選ばず当たり前の権利になったのです。
休日なのに急なお客さんで手が足りないからと出勤したはいいけれど、お給料には休みのままになっていた。
そのようなトラブルは昔からどうしても無くなりません。
雇う側と雇われる側の認識の違いがあるということをあらかじめ確認しておく必要があるということなのですね。

美容師を目指しているのだから少々のツラい仕事はあたりまえ、と思っていませんか?
時代は常に動いています。
時代の流れに沿って経営も求人も変更が必要なのですね。
美容師求人サイト美ジョブナビはこちら:http://tayarec.com/

 

更新情報

2016/03/07
美容師が働きたくなる美容室とは?の情報を更新しました。
2016/02/20
美容師の求人はここをチェックを新規投稿しました。
2016/02/19
働きやすい職場、美容師の場合を新規投稿しました。
2016/02/18
働きたい美容室はどんなところ?を新規投稿しました。
2016/02/17
サイトマップの情報を更新しました。
△PAGE TOP